英語科 門宮先生のメッセージ

受検本番をむかえるリング生へ

コンビニで何かを得ようと思ったら、お金を払わなければなりません。
それと同じように、何か目標達成したいと思ったら、それ相応の努力と交換する必要があります。これを天秤に例えて言うなら、片方の器に載せた「目標」に対して、もう片方に載せた「努力」が釣り合えば、目標達成できることになります。
「志望校合格」という目標を達成するために、中学3年間、あなたはたくさんの努力を重ねてきたことでしょう。少々回り道する瞬間はあったかもしれません。でも、部活で忙しい時も、テスト範囲が膨大でだった時も、なかなか成績が伸びずに悩んだ時も、長い目で見れば、かなりの努力をしてきたはずです。

受験は決してゴールではありません。
でも、今回の受験までにあなたが勉強する中で学んだ「正しい努力のやり方」は、次のステージで掲げるであろう「目標」を達成する際には必ず生きてきます。
「与えられた環境でベストを尽くす」
「今を一生懸命に生きる」
「Make the decision right」
これらは、リングで「正しい努力のやり方」を学んだあなたに、絶対に忘れてほしくない言葉たちです。

最後に、あなたがこれまで重ねてきた努力と一緒に、本番にもっていってほしいものが1つあります。
それは、「根拠なき自信」です。
「いけるわ!知らんけど。」くらいでええやん。
「楽勝やわ!知らんけど。」くらいでええやん。
時に、「知らんけど」は本番時の必殺技になると僕は思っています。
(普段は、あんまし使わんといてな。笑)
テストは冷静さが命。
模試で全然できなかった過去をイメージするのは絶対ダメです。
また、「受かりたい!」という未来への欲求があるのもダメです。
どうやら、「過去」や「未来」に意識が向かってしまうと、人間のメンタルは乱れやすいという性質があるようです。
だから、「今」の目の前にある問題だけに、「根拠なき自信」とともに立ち向かってきてください。
リング講師一同、検討を祈っております!
それではまた、リング卒業式で会いましょう!

リングアカデミー英語科講師 門宮龍馬