【夏休み特別コラム】集中力を保つには~上手なリフレッシュ法~ + 桃山自然科学科合格者の合格体験記

効率のよい学習には、上手な休憩が不可欠。

あなたはどれだけの時間、集中して勉強することができますか。30分でしょうか。それとも1時間、2時間と長時間集中することができるでしょうか。
集中力がないと悩んでいる人でも調子が出てくると続けて勉強することもあるのではないでしょうか。しかし、実はこれはあまり効率の良い勉強のやり方ではありません。効率的に勉強を行うために必要なもの、それは休憩です。
今日は集中が持続するための休憩の仕方について考えてみましょう。

「同時通訳」という仕事から考える「人の集中時間」

みなさんは「同時通訳」という仕事を知っていますか。同時通訳とは、話し手の話を聞くとほぼ同時に別の言葉に翻訳を行うもので、国際学会や主要国の首相が集まる会議サミットなどで自分の国の人が他の国の意見をすばやく理解するのをサポートするために活躍しています。

同時通訳の世界では、集中力の持続は15分が限界と言われています。同時通訳は、五感のうち4つをシャットアウトし、神経を耳だけに集中させます。そのために3人1組になってローテーションで回しているのです。
人の集中力が高いときは、おでこのあたり、脳の前頭前野という部分が活発に動いています。前頭前野は、脳の最高の司令塔。記憶や情報などを引き出して統合し、判断や意思決定をしている場所です。同時通訳はこの作業をフルスピードで行うため15分しか集中が続かないのです。プロの人でも最大限の集中をすると数十分しか保てません。つまり、集中力は続かないものなのです。
多少の個人差はありますが、人が集中できる時間は平均して50分だと言われています。この時間をこえて勉強をしても自分では集中して勉強をしているつもりでも脳はかなり疲れていて効率的に勉強することはできません。だからこそ効率よく集中するためには、適度に脳を解放する休憩が必要になります。

五感を刺激してリフレッシュ!

休憩は自分自身がリラックスできるものでなければなりません。
そのためのポイントは「勉強で使った神経とは別の部分を刺激する」ことです。
こうすることで今まで活発に使っていた神経を休ませて脳を解放することができます。もっと単純に言うと「五感を刺激する」ことが大切であるということです。

効果的な休憩方法の例としては、

  • 伸びをする<触覚>  
  • 立ち歩く<触覚>
  • 甘いものを少し食べる(チョコレートなど)<味覚>
  • 音楽を聴く<聴覚>
  • 友達とおしゃべりをする(周りには気を遣って)<聴覚>
  • 水分を摂る<味覚>
  • 景色や緑のものを見る<視覚>

などがおススメです!伸びや立ち歩きなどは、体全身の血行を良くするので、リフレッシュ効果は高いと思います。また、脳のエネルギーは糖分なので、甘いもの少し食べるのも良いでしょう。ただ、食べ過ぎるのはNGです。
またあまりに眠くなった場合は仮眠も1つの方法でしょう。
ここで注意点は休憩時間を10分程度に抑えることです。必要以上に休憩してしまうと勉強の気持ちも完全に途切れてしまい再び集中するまで時間がかかってしまうためです。

「スイッチ化」で自然とメリハリのつく身体に

もう1つ参考までに休憩テクニックを紹介します。
みなさんには、少しだけ休憩しようと思っていたのに、気づけばかなり長時間だらだらと休んでしまった経験はないでしようか。これを改善するために「スイッチ化」という方法があります。「スイッチ化」とは端的に言うと「条件反射」のことです。熱湯に指をつけると瞬時に手を引っ込めることがよくある例ですが、これが勉強にも応用できるのです。  
だらけてしまう休憩時間からサッと集中力を取り戻すために「何かの合図」で条件反射的に意識づけをするのです。

  • 休憩時間が終わって勉強に戻ろうとするとき、一本締めのように両手を広げて「パンッ!」とたたく。同時に「よし、休憩終わり!」と言って勉強に戻ります。
  • 休憩タイムが終わったら、必ず何かお菓子を食べるようにする。
    ミンティアでもフリスクでもガムでもアメでも、何でもいいです。ただし、毎回同じお菓子で。それを自分の中で休憩終了の合図にするわけです。

内容は何でも構いません。ただし、1つだけ条件があって、それは「毎回同じ合図(動作)をする」ということ。条件反射だけに。
これを繰り返していくと体に勝手にスイッチが出来上がりスムーズに切り替えが可能になります。

以上のことを踏まえると、今まで無意識に過ごしていた休憩時間もさらに有意義なものにすることができるでしょう。

今日の講座は、3科目で先週より時間も長いので、なかなかハードです。上手に休憩しながら、頑張りましょう!

リングアカデミー講師 渡邊 大将

 

【合格体験記】 桃山高校自然科学科 H.Hくん

Q1 あなたが専門学科を意識し始めた時期はいつ頃ですか。またそのきっかけや、受検した高校に対して感じた魅力を教えてください。
意識し始めたのは小学校のころです。親に「こんな高校もあるで」と言われただけなのでこの頃は志望校とは考えていませんでした。しかし、部活の先輩が桃山に入学したことでたくさんのことを教えてもらったり、小学校からの友達が偶然桃山志望だったりして、3年進級のころに意志が固まりました。

Q2 あなたは中学1~2年時にどのようなことを意識して勉強していましたか?
運動部は大変なので帰って来てすぐにリビングに倒れることもありましたが、1日1時間半は頑張ろうと体にむちを打っていました。定期テスト前は自分なりにノートにまとめたりして四方からおさえていました。

Q3 あなたが受検勉強をする上で、大変だったことやつらかったことを教えてください。また、それらをどのように乗り越えたのかがあれば教えてください。
はじめはトライアルの試験の点数がめちゃくちゃ悪くて「本当に受かんのかな」とも思っていましたし、とにかくテスト中の周りの音が気になって仕方がなかったです。とにかく分かるようになるまで繰り返しやり続けた結果、できるようになりました。

Q4 受検勉強に取り組む中で、モチベーションにしていたことや、心掛けていたことを教えてください。
リングの先生から情報を引き出すこと。リングの先生は優しいから話しかけやすいです。雑談でもいいから話しかけてみると自分にとって有用な情報が何か見つかります。それを忠実に守ることで「自分できちゃってる感」が生まれます!リングの先生は自分で扱うものですね!(失礼しました!)

Q5 あなたが受検期において、工夫して行っていた良い勉強法を教えてください。
まず自分は「分からないところは分かるところまでやらないと気が済まなかったので間違えた問題を問題ごとにノートに書きだして集め、自分専用の「参考書」を作っていました。(数学の話です。)
解説も参考書と同じくらい丁寧に書きます。試験では、市販の参考書より大切になります。

Q6 専門学科入試本番で、心掛けていたことを教えてください。
参考書は持っていかずに自分専用の「参考書」を持っていきました。試験直前に自分の字(とくに赤ペンや青ペンの字)を見るとなぜか自信が出ます。あと、笑顔になることです。周りが緊張顔である中で自分だけにこっとしていると「自分って余裕やな」と思えてきます。さらにもう1つ、試験の間は友達と答え合わせを絶対にしない。まちがってたとわかると自信がなくなります。自分は周りがそんな話…してると耳塞いでいましたね…

Q7 リングアカデミーで学んだこと、印象に残っていることを教えてください。
また、リングアカデミーに参加してよかったと思うことがあれば教えてください。
リングで心に残っているのは模試(トライアル)です。他の塾では堀川・嵯峨野・西京模試とかがあるけれど(どんなのかは知りませんが)桃山専用の模試はここだけだと思います。模試はテストを受けた後にすぐ自分の苦手やミスを確認でき、またテストの雰囲気にも慣れることができます。自分を知る良い「教材」だと思いました。

Q8 後輩へのメッセージをお願いします。
見てくれている人は受験が初めてなんて人もいると思います。そして完璧を誰もが目指すのではないでしょうか。(みんなは賢いから)だから、なかなか伸びないと意思を曲げそうなこともあるかもしれません。でも、なかなか伸びない時期は必ずあると思います。運動部の人はスランプを経験したことはないでしょうか。それと同じことが勉強にもあります。自分もそうでした。でもこうなっても地道な努力を続ければある時急にできるようになります。だから絶対に桃山に行きたいという意志を曲げないことが何よりも大事です。皆さんの入学待ってます!