修学旅行「ロス」、どう対応する?

修学旅行シーズン到来!


学校により、日程・行先等、違いはそれぞれあるかもしれませんが、もうそろそろ修学旅行に行く人たちが多いと思います(早い人は今週ですかね?)。

きっと修学旅行が楽しみでワクワクしている人が多いことでしょう!

僕も同じぐらいの時期に修学旅行に沖縄に行きましたし、実際めちゃめちゃ楽しかったです!(めっちゃきれいな海の目の前のホテルに泊まったのに、台風の影響で海に入れなくて、先生たちに大ブーイングしていたのを今でも覚えています(笑))

 

修学旅行「ロス」に備える


○○「ロス」って聞いたことありますか?

例えば、ちょっと前に流行った言葉だと、『逃げ恥「ロス」』などです。

「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマが一昨年の年末に大ヒットしていましたが、ドラマが終わってしまい、多くの人がその寂しさに駆られていたという例ですね。

同じように、修学旅行「ロス」が、多くの中学生にあると思います!

僕自身もそうでして、修学旅行が終わって2~3日ぐらい、勉強はおろか、どんなことにも集中できず、何をしててもずっとうわの空だったような覚えがあります(笑)

楽しみが大きい分、終わってしまった時の寂しさは計り知れないもので、楽しみにしている人ほど、修学旅行「ロス」が大きいと思います!

しかし、多くの中学校では、今の時期は定期試験の数週間前でもあることでしょう。

いつまでもそんな気分を引きずっているわけにもいかず、何かしらの対策をしなければいけませんね…

 

オススメの対策法は、「次のことを考える!」


修学旅行が終わってしまったと嘆いても、修学旅行はもうありません!

過去を振り返ってばかりいても仕方ないので、オススメは「次のことを考える」ことです!

僕は、気持ちを切り替えるために次のようなことを試していました!

    楽しいイベントが始まる前に「終わってからやるべきこと」を考えておく!

楽しいイベントが終わってしまうと、他のことに集中するのがなかなか難しくなってしまいます。

 

なので、ちょっとでも状況を改善するために、「修学旅行終わったら、この参考書を1日何ページやる!ただ、修学旅行中は思いっきり楽しむ!」といったように、前もって気持ちを切り替える準備をしておき、やるべきことも明確化しておくことで、楽しいイベントの後に、何をするか考える暇もなく、スムーズに気持ちを切り替えることができました!

 

モチベーションは波があって当たり前!


修学旅行に限らず、部活の引退試合だったり、友達や家族との旅行だったり、「ロス」を経験する機会はこれからたくさんあると思いますし、そんな大きなことがなくても、ふとしたきっかけで、モチベーションには波ができてしまいます。

そんな時に大事なのが、モチベーションが低いとき、やる気がないときに何をするかということ。

どうしてもやる気が出ないときに、「勉強せな!」と思っても、なかなか行動には移しづらいものです。

その対策として、「具体的に計画を立てて、やるべきことを明確化する」ことを挙げました!


他にも、「ロス」になっていて、やる気が出ないのであれば、もしかしたらほかの人に話してみるのも1つの解決策かもしれません。

1人で受検勉強を乗り切るのは、精神的にもかなり苦しいですし、うまくいかないときは、家族・友達・そしてリングの先生たちをうまく使ってくださいね!

 

リングアカデミー講師 渡邊大将