【合格体験記】嵯峨野高校京都こすもす科共修コース M.Kさん

集団コースに通ってみて。

Q1 あなたが専門学科を意識し始めた時期はいつ頃ですか。またそのきっかけや、受検した高校に対して感じた魅力を教えてください。
中1の時から専門学科に憧れがありました。嵯峨野に決めたのは、体験で受けた授業が楽しかったことと、海外研修などの事業が充実していることに魅かれたからです。

Q2 あなたは中学1~2年時にどのようなことを意識して勉強していましたか?
普段は部活が優先で、塾と学校の宿題は終わらせるようにしていました。定期テストの勉強はテスト2週間前から始めて、教科の偏りがないように、勉強時間を記録していました。

Q3 あなたが受検勉強をする上で、大変だったことやつらかったことを教えてください。また、それらをどのように乗り越えたのかがあれば教えてください。
部活を引退した直後は勉強の習慣が不安定で、なかなか勉強に集中できていませんでした。そのときは、勉強時間50分と休憩時間10分をタイマーではかり、メリハリをつける練習をしました。

Q4 受検勉強に取り組む中で、モチベーションにしていたことや、心掛けていたことを教えてください。
自分の学力や勉強時間を他人と比べないことです。リングの先生に他人との比較はネガティブな考え方しか生まないということを教えていただき、それからは「昨日の自分との競争」を心掛けるようにしていました。

Q5 あなたが受検期において、工夫して行っていた良い勉強法を教えてください。
英語の長文を、1日5問くらい毎日音読して、読んだらチェック欄にスタンプを押していました。続けてると、英語を読むスピードがとても速くなります。日に日にスタンプがたまっていくのが、モチベーションアップにも繋がりました。

Q6 専門学科入試本番で、心掛けていたことを教えてください。
模試などで実践してきた自分の問題の解き方(国語は古文から解くなど)をしっかり守って、できるだけいつものコンディションでテストに臨みました。また、休み時間には科目の知識の復習はあえてせず、自分のミスの傾向と時間配分の再確認や、シャー芯が折れていないか、時計が止まっていないかなど、当たり前なことのチェックをしっかり行いました。

Q7 リングアカデミーで学んだこと、印象に残っていることを教えてください。
また、リングアカデミーに参加してよかったと思うことがあれば教えてください。
リングでは提出するような宿題がなかったので、本当に自分のペースで、やりたいように受検勉強を進めることができました。勉強を続けるのもやめるのも自分次第というのは、確かにつらいときもあったと思います。でも、リングの先生方が勉強の進め方のヒントをたくさん教えてくださったり、時には相談に乗って下さったりしたので、無事受検まで歩き続けることが出来ました。受け身ではなく、自ら勉強する力がついたのはリングに通っていたからこそです。

Q8 後輩へのメッセージをお願いします。
受検勉強は決して楽なものではありません。ましてや専門学科入試となれば、問題は難しいし、不安もさらに重くのしかかってくるでしょう。でも、その辛さを逆に楽しんでやることが、受検を乗り切る上で大切なことじゃないかと思います。同じ勉強をするのなら、いやいやするよりも楽しんでやった方が絶対得です!志望校へのひたむきな思いが、皆さんを合格へと導いてくれるはずです。リングの先生を、そして何より自分を信じて突き進んで下さい。嵯峨野高校で会えることを楽しみにしています!

個別コースに通ってみて。

Q1 リングアカデミー個別コースを始めたきっかけを教えてください。
専門学科を受けることを決めて、いい塾がないか色々調べていた時に母親が見つけてくれました。初めての体験授業で先生がおもしろくて分かりやすかったので通塾を決めました。

Q2 リングアカデミー個別コースに通って良かったと思うことがあれば、教えてください。
個別指導ではいつでも質問できる環境が整っていて、分からない所をできるまで丁寧に教えていただきました。また、自分がやりたい問題を持っていくといつでも授業で対応して下さったので、家庭での学習もスムーズになり、とてもありがたかったです。少しでも点数を上げるにはどうしたらいいか、親身になって一緒に考え、サポートして下さった先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。

保護者様より

Q1 リングアカデミーにお子様を通わせることになったきっかけを教えてください。
中学校に入学したころから漠然とですが専門学科の受検を考えていました。その為、専門学科に特化した塾で学ぶことが出来たらと思い、リングアカデミーに通うことを決めました。

Q2 お子様の受検をサポートするに当たって、気を付けていたことを教えてください。
疲れを溜め込まないよう勉強以外の時間は、なるべくリラックスできるように心掛けました。勉強の合間に首や肩をマッサージしたり、お風呂にいい香りの入浴剤を入れたり、身体の疲れが癒せるようにしました。また、冬場の風邪予防に特製ドリンク(しょうがハチミツレモン)を作って乗り切りました。体が温まり喉も潤ってオススメです。

Q3 リングアカデミーに関してのご意見・ご感想などを、ご自由にお書きください。
リングでは勉強面だけでなく、精神面においてもサポートしていただきました。そのおかげで適度な緊張を保ちながらも落ち着いて受検に望めたように思います。リングの素敵な先生方と出会えたことで、志を高くもち「夢」の実現に向けて着実に学力をつけていくことが出来ました。ありがとうございました。

一言コメント:やる気を保つための「おまじない」

ちょっぴりシャイで努力家な彼女の合格体験記はいかがでした?
不安で不安で仕方なかっただろうけど、それを上回る努力をすると同時に、
自分なりの考えをもって受験勉強に取り組んでいました。
最も印象深かったのは、表のQ4での答えにある、
他人との比較はネガティブな考え方しか生まない
という言葉を聞き、
それからは「昨日の自分との競争」を心掛けるようにしていました。
という部分です。
「○○さんに勝った」「○○くんに負けた」
といった考え方では、それ以上の成長は望めませんし、
勝っても負けても自分のやる気につながることは難しいでしょう。

 「昨日の自分に勝つぞ!」

これこそが、あなたのやる気を保つための「おまじない」になるかもしれませんね。

リングアカデミー講師 門宮 龍馬