リングアカデミーの理念

「縁」を創り出す場を。自らの将来を切り拓く思考習慣を身につけるために

「縁」をつなぐ存在として

多感な中学生にとって、「人・環境との縁」こそが、人格形成・成長の基盤です。私たちは「縁」=「リング」と捉え、

1)「生徒」と「生徒」

2)「生徒」と「保護者」

3)「生徒」と「先輩・後輩」

4)「生徒」と「講師」

5)「生徒」と「志望校」

これら5 つの「リング」を創る、強めるための媒介であると共に、専門学科を目指す受検生が切磋琢磨しながら共に学び合う場を提供したいと考えます。

自らの将来を切り拓く思考習慣を

リングアカデミーは、専門学科合格という「結果」だけでなく、専門学科合格のための受検勉強にどのように取り組むかという「課程」も非常に大切にしています。それは、受検勉強は「目標達成に向けて自ら行動し自律を涵養する」ための最高の機会だと捉えているからです。

目標達成に向けて取り組み方を模索し、悩みながらも最後まで愚直にやり切ることができれば、「受検後の人間的成長」は約束されます。

受検生の皆さんには、合格という結果だけのために勉強するのではなく、自らの将来を切り拓いていく思考習慣を身につけるために勉強に取り組んで欲しいと考えています。そうすれば、将来、一人ひとりが主体的に道を進み、幸せを掴むことができると信じています。

だからこそ、「知識」や「テクニック」を手取り足取り教えるだけの存在ではなく、このような想いを「受検勉強を通して」伝える存在でありたい。これが、私たちの切なる願いです。

社会を支える「同志」として

リングアカデミーの講師は、現役の京都大学生・大学院生。中学生とは年齢的にそう違わない存在です。

「教える・教えられる」という立場を超えて、「日本の社会を支える同志」としての「縁」を大事にし、共に成長していける関係を築きたいと強く思っています。

将来の社会を共に支え、共に牽引する「同志」として、一人でも多くの皆さんと出会い、高めあえることを、講師一同心から楽しみにしています。

リングアカデミー代表 門宮 龍馬